FXのファンダメンタルズ指標について

Web Template

FXの場合、外国為替の値動きは、チャートやチャートを補うテクニカル指標とファンダメンタルズ指標で判断します。
株の場合もほぼ一緒です。



ファンダメンタルズ指標は、その国における経済の動向のことで、米国の雇用統計や日本の日銀の金融緩和などがそれに当たります。

ある国に紛争や戦争が起きたりすれば、すぐに為替の動向に影響し、テクニカル指標など無視して、急激な値下がりや値上がりを起こす場合もあるのです。

その国の景気の状態により為替の値は変動するのです。


リーマンショックやスイスフランショックなども急激な価格変動があり、借金を作り自己破産した人さえいるのです。

FXの取引をするのであれば、日頃から世界の経済情勢を把握し、大損しないように心掛けていなければならないのです。
ファンダメンタルズ指標は、どうしてもリアルタイムに情報が開示されないこともあり、国の景気が良かったのに何か事件が起きて急に悪くなる場合もあるので、その情報を知った時点で投資家が動くので、情報が優先し相場の動向が遅れる可能性があります。

さらに身近になったAll Aboutの最新情報を公開しています。

ニュースではある国にテロが起きて、普通なら為替は下がるはずですが、情報よりチャートが優先して上昇しているケースも多くあるのです。
FXは、ファンダメンタルズ指標により値動きが顕著に表れる時とそうでない時もあるので、判断がつかない難しい相場取引だと言われています。


この機会にストップ狩りをしてしまおうと、もくろむ大金持ちの投資家かいて、だましの場合もあるので注意が必要です。